超乾燥肌

セラミドの種類と特徴|どんなメリットデメリットがあるの?徹底解説

更新日:

セラミドの種類と特徴|どんなメリットデメリットがあるの?徹底解説

顔用保湿クリームに必ずと言ってもいいほど配合されているのが「セラミド」

ひとえにセラミドとは言ってもといっても、保湿クリームに配合されるだけでも4種類あります

管理人
どんなセラミドの種類があるのか、そしてその特徴やメリットデメリットをくわしく解説しますね

 

セラミドとはそもそも何?

人間の肌にある天然の保湿成分で、水分をキープして潤い保ってくれる働きがあるのがセラミドです。

アトピーなどの肌トラブルにもよいという研究結果が出ています。

年を取るとだんだんとセラミドが減っていくので肌の潤いやハリがなくなり、老化がはっきりとわかる顔になってしまいます。

管理人
保湿クリームで使われるセラミドは四種類あります

セラミドは、乾燥している肌に潤いを導いてくれますよ。

 

セラミドの働き

・肌バリアを作る

・水分を肌に閉じ込める

セラミドは肌の層状の構造をつくり細胞の間に隙間を作らないことで、肌の内部からの水分蒸散や外からの細菌などの侵入を防ぎ、角層内部の水分を守って肌の潤いを保ってくれます

セラミドは、約2億年前に生き物が水の中から陸に上がる進化をとげた頃、水の中ではなく陸で生きていくために、からだを乾燥からバリアするための成分として生まれました。

イメージとしては肌の細胞をレンガに例えると、セメントがセラミドです。

 

保湿クリームに配合されているセラミドは4種類

保湿クリームに配合されているセラミドの成分は4種類です。

保湿クリームの4種類のセラミド

・天然セラミド

・ヒト型セラミド(バイオセラミド)

・合成類似セラミド(疑似セラミド)

・植物性セラミド

 

4種類のセラミドの特徴・メリット・デメリット

天然セラミド

表示名:ビオセラミド、セレブロシドなど

特徴

馬などの動物の脳や脊髄から抽出したセラミドです。

メリット

人間が持つセラミドに似た構造をもつため、肌によく馴染んでくれます。また、保湿する力も高いセラミドです。水と油の両者になじむ性質があります。特に敏感肌やアトピー性皮膚炎の人の肌の保湿に最適で壊れたバリアする力を改善してくれたり、肌荒れを改善する力があることが分かってきています。

デメリット

天然セラミドは価格が高いため、効果を期待できるくらいの配合量だと、どうしても価格があがってしまいます。天然セラミドを高配合した化粧品はどろっとしたテクスチャーのものが多いためさらっとしたテクスチャーが好みのかたには使いづらい場合もあります。

ヒト型セラミド

表示名:セラミド2、セラミド3など

合成セラミド、天然型セラミド、バイオセラミドなどと呼ばれます

特徴

酵母を利用して作られたもので、人間の体内の角質細胞間脂質にはじめから存在している12種類のセラミドのいずれかと同じ位の化学構造を持っています。ヒト型セラミドや天然セラミドと呼ばれることもあります。

メリット

人間の身体に存在しているセラミドと同じような化学構造を持っているので、肌に浸透しやすく保湿力もとても高いです。肌をバリアする機能に非常に優れています。また、刺激も少ないため乾燥のひどい方やアトピーに悩む方、敏感肌の方にも使いやすいといわれています。

デメリット

水に溶けにくいこと、多価アルコールなどの、あらゆる成分への溶解性が低いことから、化粧品への配合がとても難しい成分といわれています。合成類似セラミド(疑似セラミド)より価格が高いです。

合成類似セラミド(疑似セラミド)

表示名:ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミドなど

特徴

セラミドに似ている成分を合成して作られたもので石油などの原料から作られています。

メリット

他のものに比べて価格が安く手に入るためたくさんの量を配合することができ、肌にもともと存在しているセラミドと似ています。

デメリット

肌にもともと存在しているセラミドには、似ていますがヒト型セラミドや天然セラミドと比べてしまうと保湿する力は低いです。

植物性セラミド

表示名:米ヌカスフィンゴ糖脂質、ユズ果実エキスなど

特徴

コンニャクや米ぬかユズなどから抽出されたのが植物性セラミドです

メリット

価格が安いため手に入りやすいことです。また、コンニャクから抽出された植物性セラミドはアレルギーを引き起こす可能性が低いとされています。

デメリット

間の体内にもともとセラミドとは一部の構造が異なるため吸収率が良くないといわれています

 

肌からセラミドがなくなるとどうなる?

セラミド不足になってしまった肌は、潤いがなくなりかさかさして乾燥が進み、若々しさを失ってしまいます

肌の角質層がスカスカになって肌バリアが壊れた状態になるので、外部からの刺激をはじきかえすことできず、乾燥がすすみ肌トラブルやしわやシミを作る原因になるからです。

 

人間のセラミドを作る力は赤ちゃんの時が一番強い

セラミドを一番多く作り出せるのは赤ちゃんのとき

なので、赤ちゃんの肌はみずみずしくてぷるぷる!

30代でがくんと下がり、50代では20代の時の半分くらいになり、どんどんセラミドをつくる力が衰えていってしまうのでそのままではどんどん肌の水分量が減っていきます。

若い時に肌が強かったり、ハリがありプルプルしているのはセラミドをつくる力が強いから。

人間の肌は生まれてからずっと気候の移り変わりなどの外部の刺激と戦っているのでセラミドは必要不可欠です。

 

【まとめ】セラミドの種類と特徴|どんなメリットデメリットがあるの?徹底解説

保湿クリームに使われるセラミドは4種類です。

保湿クリームの4種類のセラミド

・天然セラミド

・ヒト型セラミド(バイオセラミド)

・合成類似セラミド(疑似セラミド)

・植物性セラミド

それぞれにメリットデメリットがありますが、保湿クリームを選ぶときには人間の肌になじみが良いヒト型セラミドがおすすめです。

-超乾燥肌

Copyright© 【2019年最新版】保湿クリームおすすめ|本気で乾燥肌を治す口コミサイト , 2019 All Rights Reserved.